2016.12.25更新

MerryX'massnow

今年も残り少なくなって来ましたねehe

 

さて、今日はクリスマスだと言うのに…家でゴロゴロ(笑)

TVを見ていたら、舌が正しい位置にないと様々な悪影響が起きる~と言う事をやっていました。

 

さて、様々な悪影響とは何でしょう?

舌が正しい位置にないと…

口呼吸となり口臭や歯周病の悪化が起きます。
また、歯並びも悪くなります。
そして、口呼吸ではウィルスがダイレクトに体に入るため、風邪を引きやすくもなります。
他にも…
いびき
睡眠時無呼吸症候群
不眠症
二重あご、顔のたるみ…等。


では…正しい舌の位置とは、どこでしょう?

 

舌の位置

 


舌の先が前歯のすぐ後ろの歯ぐきに着いているのが正しい位置。
ここをスポットポディションと言います。

 

☆舌を正しい位置にする為のトレーニング!!

 

舌トレーニング

 

舌先をスポットポディジョンに付け、その後、上顎に舌全体を吸い上げ5秒間キープした後、ポンと音がなるように離します。
1日2回10~15回が目安です。

 

また、普段から意識して、舌を正しい位置に置くようにしてみましょう.•*¨*•.¸¸♬

投稿者: しんどう歯科クリニック

2016.12.05更新

前回、口の中の健康は全身の健康を保つ事に繋がり、そして、健康寿命を延ばす事になるとお伝えしました。

 

今回はその続き…
口の中を健康に保てずプラーク沢山の汚れた口の中だと、一体どんな事が起きるのか?詳しく説明していきたいと思います!

 

プラーク(歯垢)とは細菌の作り出すもの、細菌のカタマリです。
その細菌のカタマリが常に口の中にある状態だと歯肉が炎症を起こします。(=歯肉炎・歯周病)


そして、その炎症が慢性となると…
炎症性物質となってインシュリンを阻害し糖質代謝を悪くして血糖値が上昇していきます。


血糖値が高いと…どうなるのでしょう?
人間の体は血糖値が180~200mg/dl程度までしか耐えられない為に、糖化ストレスとなり毛細血管を破壊していきます。
また、高濃度のブドウ糖が体内のタンパク質と結合すると糖化タンパク質となって蓄積され老化が進みます。

 

また、プラーク内の細菌が歯周ポケットの毛細血管から侵入し全身を巡ります。
そして、血管壁を傷め動脈硬化を起こしたり、菌血症の原因にもなります。
それから、細菌が肺に入れば肺炎を発症する事も。

 

口の中の汚れ…単純に口の中だけの問題では済まされないのです!

 

様々な病気の原因となっていると言っても過言ではないと思います!

全身疾患

 

 

誰もが寝たきりの老後を送りたいなんて思わないですよね!

 

まずは、お口の中をキレイに!!
正しい歯磨きのやり方を指導しますし、歯磨きでは取りきれない汚れもクリーニングします!
是非、ご来院ください.•*¨*•.¸¸♬

 

投稿者: しんどう歯科クリニック

しんどう歯科クリニック 046-258-3718 お問い合わせはこちら
しんどう歯科クリニック 046-258-3718 お問い合わせはこちら
診療カレンダー アクセス駐車場3台 院内ツアー
症例紹介 スタッフブログ facebook 歯医者ガイド