2017.04.30更新

part② 糖尿病

 

歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。
実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。
さらに、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。
つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられます。

 

歯周病菌は内毒素をまき散らします汗
内毒素とは?
細菌の細胞壁に含まれる毒物で細菌が死滅しても毒は残る。エンドトキシンともいう。

 

歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります。
血管に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残り血糖値に悪影響を及ぼします。
血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からのTNF-αの産生を強力に推し進めます。
TNF-αは血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうそうです。

 

血液中に内毒素をまき散らさない為に!歯周病予防しましょう( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

 

 

投稿者: しんどう歯科クリニック

2017.04.30更新

part② 糖尿病

 

歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。
実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。
さらに、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。
つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられます。

 

歯周病菌は内毒素をまき散らします汗
内毒素とは?
細菌の細胞壁に含まれる毒物で細菌が死滅しても毒は残る。エンドトキシンともいう。

 

歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります。
血管に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残り血糖値に悪影響を及ぼします。
血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からのTNF-αの産生を強力に推し進めます。
TNF-αは血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうそうです。

 

血液中に内毒素をまき散らさない為に!歯周病予防しましょう( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

 

 

投稿者: しんどう歯科クリニック

2017.04.30更新

歯周病が全身に多くの影響を与えることは、昨今の研究で明らかになっていて、以前からブログでもお伝えしている内容ですが…

 

今回はもぅ少し掘り下げて、歯周病菌がどのように全身の疾患に影響を及ぼすのか?
お伝えしたいと思います( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

  

まずは…
part① 心筋梗塞・脳梗塞について

 

動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが…
別の因子として歯周病原因菌などの刺激により血管が傷つけられて、動脈硬化を誘導する物質が出て、血液の通り道が細くなったり、血管が詰まったりする事がわかりました。
それが、心臓で起きれば心筋梗塞、脳で起きれば脳梗塞です。
歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になり易いと言われ、実際に心筋梗塞や脳梗塞などを患った方の血管内には歯周病菌が存在していた事が報告されているそうです。

 

血管

 

大病を患わない為に、歯周病予防を.•*¨*•.¸¸♬

投稿者: しんどう歯科クリニック

2017.04.09更新

小峰一雄先生の書籍の中で、ドッグベストセメントを実践する歯科クリニックとして当医院が紹介されていますnote2

 

小峰一雄先生

 

 

歯の治療…誰もが痛みなく、回数を減らしたいものですよねehe
もちろん、虫歯や歯周病にならない事が一番ですが…

 

この本では、ほとんど削る事なく痛み少なく、自然治癒力で治す方法が載っていますglitter

そして、どうして歯を削らない方が良いのか?歯を削る事により、歯を喪失する確率を高める事や全心疾患への影響etc……症例を交えながら詳しく説明してあります。

食生活も大切である事も載っていました。


ご興味のある方は、是非ご覧になってみてくださいねheart3

 

当医院でも、治療を繰り返し…大病を患わないようにする為に、実践していただきたいブラッシング方法や、食生活のアドバイス…また虫歯になってしまった歯には、なるべく歯を削らずに痛み少なく治療出来る「ドッグベストセメント」をオススメしております。(※歯の状態により異なる)

 

健康寿命を伸ばす為に、是非ご相談ください.•*¨*•.¸¸♬

 

 

投稿者: しんどう歯科クリニック

しんどう歯科クリニック 046-258-3718 お問い合わせはこちら
しんどう歯科クリニック 046-258-3718 お問い合わせはこちら
診療カレンダー アクセス駐車場3台 院内ツアー
症例紹介 スタッフブログ facebook 歯医者ガイド