むし歯・歯周病・親知らず

痛くない・削らない治療を心がけています

歯を抜いたり削ったりする治療は、少なからず痛みが伴うため、それが嫌で治療をしたくないと思う方は少なくありません。
そのため当院では、可能な限り痛くない治療を心がけています。
もちろん全く痛みをなくすことはできませんが、できるだけ削らない・抜かない治療にて痛みの少ない治療を心がけており、患者さまにも好評をいただいております。

削らない治療“ドックベストセメント”とは?



現在の虫歯治療は、詰め物や被せものを行う上で維持力を高めたり、清掃性を良くするために虫歯になっている部分はもちろんのこと、健全な歯の部分も削って治療を行っています。しかし削った歯は元に戻りません。削る範囲が多いほど歯は弱くなってしまいます。ドッグベストセメント治療ではあまり歯を削りません。

まったく削らないことも多いです。ドッグベストセメントは銅と鉄を主成分としたセメントで優れた殺菌力を持っており、その殺菌力により虫歯菌に侵された歯質を無菌化し、再石灰化を促し硬い歯質に戻してくれます。だから不必要に歯を削らなくて済むのです。通常ならば神経(歯髄)を除去しなければならないような大きな虫歯も神経(歯髄)を残せる可能性が格段に向上します。

また、ドッグベストセメントの殺菌力は半永久的に持続するので虫歯の再発も予防することができます。
当院はドッグベストアドバンス認定医の資格を有しております。
*ドッグベストセメント治療は保険外治療になります。

突然歯が抜け落ちる“歯周病”

成人が歯を失う最も多い原因は、虫歯ではなく歯周病です。歯周病は初期症状が少なく、気づいた頃にはかなり進行していたということも少なくありません。

この恐ろしい病気は、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに溜まった歯垢に含まれる菌が原因で、少しずつ進行していきます。そして最終的には、歯を支えている骨の部分を溶かし、歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病を防ぐために一番重要なことは、ブラッシングと歯科医院での定期的なケア。毎日ブラッシングをしていても歯に付着したすべての歯垢や汚れを落としきることはできないため、歯科医院で専用の器具を使ったクリーニングを受けることが大切です。定期的に行っていれば歯周病を防ぐことができますし、たとえ歯周病になっていたといても早期発見・早期治療で、進行を食い止めることが可能です。歯を失ってしまわないためにも、定期健診の習慣をつけましょう。

当院で行っている歯周病治療

当院で行っている歯周病治療は、殺菌水(POICウォーター)や薬で治すという方法です。歯周病菌は、お口の中にひそんでいるカビをエサや住処として繁殖していきます。つまりお口の中のカビを取り除くことができれば、歯周病菌の繁殖も抑えることができるのです。


そこで当院では、顕微鏡検査によってお口の細菌を調べ、必要に合わせてカビに効く歯磨き粉や薬、殺菌水(POICウォーター)を使用した治療を行います。さらには、予防歯科のエキスパートである歯科衛生士が、食事指導などの生活習慣についても丁寧にアドバイス。身体の中と外からお口をケアする、新しい歯周病治療を体験してみませんか。



抜いたほうが良い親知らずとは?

親知らず(第三大臼歯)が生える時期は20歳前後。永久歯の中でも最後に生えてくる歯なのですが、現代人は顎が小さくなっているため、親知らずが生えるスペースが無い場合が少なくありません。そのため、親知らずが斜めに生えてしまったり、隣の歯を押して歯並びを悪くしたりと、トラブルの原因になることが多いのです。

生え方の悪い親知らずを放置していると、虫歯や粘膜炎を引き起こすおそれがあるため、できるだけ早く抜歯することをおすすめします。ただし、何の問題も無く綺麗に生え揃っている親知らずは、無理に抜く必要はありません。奥まで丁寧にブラッシングを行い、親知らずを守ってあげましょう。

しんどう歯科クリニック 046-258-3718 お問い合わせはこちら
しんどう歯科クリニック 046-258-3718 お問い合わせはこちら
診療カレンダー アクセス駐車場3台 院内ツアー
症例紹介 スタッフブログ facebook 歯医者ガイド